2019/03/01 15:35

LUC+を運営している株式会社ルーセントは、テニスクラブの経営もしています!

そして、テニスクラブにはコーチとして指導するかたわら、現役選手として大会で活躍するコーチが多数在籍しています。



本日紹介するのは、ルーセントテニスクラブ枚方所属、温厚でしっかり者の福田コーチ!! テニス歴41年の豊富な経験をベースに、生徒一人一人に合ったアドバイスでわかりやすい指導をしてくれると評判です!!

気になるファッションアイコンは? という質問に

「セリーナ・ウィリアムズは奇抜で興味があります」


と、試合のパフォーマンス以外でも体に密着したキャットスーツや、バレリーナが着るようなチュチュで注目を集める女子テニス界の女王の名前をあげた福田コーチ。現在リリースされているLUC+のウェアではシックなネイビーがお気に入りとのこと。

「シンプルな中にワンポイントがあるウェアが好きなので、フロントでロゴが自己主張しているのが可愛いですよね」

また、機能面では

「着心地が軽く、柔らかい素材なのがいいですね。特に運動性がよくて、従来のテニスウェアに比べて腕が振りやすくなっているのが印象的でした」

と語ってくれました。LUC+のウェアを着て、一層熱の入った福田コーチのレッスンが楽しみです!!

人体の限界に挑戦!? 4時間×2の超ロングマッチ!! インターハイは地獄と化した!!



福田コーチがテニスと出会ったのは4歳の頃、両親が通っていたテニスクラブの片隅でボール出しをしてもらったのがきっかけとのこと。それから41年間、テニスに打ち込む中で日本リーグ優勝3回、全日本選手権ダブルス・ベスト8、全日本室内選手権シングル・ベスト16と輝かしい実績を重ねてきました。

現在、選手としての現役からは退いた福田コーチですが、テニスへの情熱は健在の様子。豊富なキャリアを活かして技術面からメンタル面にいたるまで、引き出しの多いコーチングで生徒を導きます。


そんな福田コーチが忘れられないと語るのは、当時高校3年生の生徒が臨んだ最後のインターハイ。強豪選手が集まる酷暑の埼玉を舞台に、生徒は一進一退、どちらに転んでもおかしくないような接戦を繰り広げました。その結果、準決勝、決勝ともに試合時間は4時間を超え、インターハイは地獄の様相を呈しました。そして、激闘を制した生徒はついに表彰台の頂点に立ったのです。

福田コーチはその時のことを

「3年間、生徒がたくさん苦労してきたところも見てきたので報われた思いでした。テニスって浮き沈みがあってなかなか思うようにならないんです。それでも継続すれば必ず上達することが出来る。あの試合は生徒の積み重ねが結実した結果だったと思います」

と語ってくれました。人生にも似た含蓄あふれる競技観で今日も明日もテニスに携わる福田コーチは、LUC+が掲げるブランドコンセプト【#beyond yourself】を体現していると言えるでしょう。

●ルーセントテニスクラブ枚方公式HP
https://hirakata.lucent-tc.com/