2019/01/16 14:55

LUC+を運営している株式会社ルーセントは、テニスクラブの経営もしています!

そして、テニスクラブにはコーチとして指導するかたわら、現役選手として大会で活躍するコーチが多数在籍しています。
本日紹介するのは、ルーセントテニスクラブ奈良所属の佐々木博コーチ!


全日本ベテランテニス選手権で常にトップクラスに位置し、全日本ベテランランキング最高位ダブルス1位・シングルス2位をマークするトッププレイヤーです!
また、豊富な経験と独自のテニス理論で、老若男女・テニスレベルを問わず幅広い層に対応する指導も好評です。


佐々木コーチがテニスウェアに求めるのは人と被りにくいデザインや通気性の良さ。
現在リリースされているウェアの中ではグレーがお気に入りとのこと。

「ランニングウェアに定評のあるFRANK&MORRISさんのデザインなんですよね。実は僕も以前からランニングウェアのデザイン性は気になっていたんですよ。テニスウェアって派手な色でまとまりがちなんですが、ランニングウェアは年齢層が高いこともあってシックなデザインが多くてかっこいいですよね。このグレーのウェアも、オトナっぽく落ち着いて、自分に合っていると思います。」

また、機能面に話がおよぶと

「まずラグランスリーブからサイドに至るまでメッシュになっていて通気性抜群なのが良いですね。あと、UVカット性能があるのも嬉しいところです。テニスの試合って何時間もかかることもあるんですよ。汗でべたつくし、屋外で日光を浴び続けると体力の消耗もシャレにならないんです。この通気性を実感できる夏の試合で着るのが今から楽しみですね。」

と語ってくれました。

2018年は第93回毎日オープンテニス選手権大会 45歳以上シングルス・ダブルス優勝、奈良県選手権大会シングルス・ダブルス優勝の成果を残すなど、48歳になった今も現役プレイヤーとして活躍し続ける佐々木コーチ。
新しいウェアで夏場の悩みを解消した佐々木コーチは、早くも夏の大会に向けて闘志を燃やしているようです。


躍進を続けるベテラントッププレイヤー、佐々木博!



そんなテニスに情熱を傾ける佐々木コーチですが、テニスと出会ったのは11歳の時、母に半ば無理やりテニススクールに連れていかれたのがきっかけでした。当時野球少年だった佐々木少年は

「あの頃はテニスなんて女の子のやるスポーツだと思ってたし、気恥ずかしかったですよ」

と渋々足を運んだのですが、レッスンを始めるや否やテニスの魅力に心をつかまれ、帰ってくるなり開口一番「野球辞めたい、テニスをやらせてほしい」と母に伝えたとのこと。

運命的な出会いから38年間、テニスにのめり込み続ける佐々木コーチは今でも年間15回は大会に出場する、精力的なテニスライフを送っています!

「若いころに比べて僕のボールのスピード自体は落ちています。でも、テクニック的な幅は昔に比べてどんどん広がってきました。」

「試合中の気持ちの持ちようも、昔は上手くプレイができないとむしゃくしゃしてしまうこともありました。でも、経験を重ねた今は、自分で自分に語りかけたりして、関西人やからボケ突っ込みを試合中にやってリラックスしているんです(笑)」


佐々木コーチの目標はコンスタントに試合に出続けて、常に上位入賞する実力を維持し続けること。そしてゆくゆくはベテランテニスの上位ランカーに名前を刻みたいと嬉しそうに語ってくれました。

どうしたらもっと強くなれるのか? 一日中考えを巡らせたりして、それがまた楽しくて仕方ないという佐々木コーチは、まさにLUC+が掲げるブランドコンセプトである【#beyond yourself】を体現しているのではないでしょうか。

●ルーセントテニスクラブ奈良公式HP